新着情報一覧

小学生が田植えに挑戦!

2024.05.16

5月14日()、今田まちづくり協議会は、丹波篠山市立今田小学校5年生の児童23人を対象にした田植え教室を開きました。 

同協議会は、子供たちに田植えを通じて丹波篠山産の米の大切さを知ってもらいたいと毎年、JA丹波ささやまの営農担当職員と協力して田植え教室を行っています。

協議会のメンバーやJA職員から説明を受けた児童は2~3人でペアを組み、田植え枠を使用する昔ながらの方法で苗を丁寧に植え付けました。

ほとんどの児童が田植えをするのが初めてで、水田のぬかるみの感覚に「キャー!」と声をあげたり、泥まみれになりながらも楽しんで取り組みました。

児童が植え付けた苗は9月中旬頃に稲刈りを行い、家庭科の授業で食べることを予定しているそうです。