新着情報一覧

小学生が寒茶作りを体験しました

2024.01.25

1月24日(水)、丹波篠山茶生産組合が味間小学校4年生を対象にした寒茶作り教室を味間製茶工場で開きました。

児童が茶葉の手もみ作業に挑戦しました。

味間地区は県内有数の茶どころ。
寒茶は正月明けから2月の頭あたりに茶摘みをし、生葉の青臭さを取り除くために蒸しあげたものを手もみし、乾燥させます。優しく甘みのある味わいが特徴です。

児童はグループごとに蒸し上ったばかりで湯気の出ている茶葉を次々と手もみし、周囲に茶の甘い香りが広がりました。
「茶葉が熱くてもむほど良い匂いがする」、「お茶を自分で作れて楽しい」と児童は和気あいあいと作業を行いました。

手もみした茶葉は乾燥させ、1週間後に生徒のもとに届けられるとのことです。