新着情報一覧

より良い丹波栗栽培に向けて講義、剪定実習が開かれました

2023.01.23

1月14日(土)、 「丹波篠山市内丹波栗合同剪定講習会(共催:丹波ささやま栗振興会・JAの栗部会)「剪定士養成研修会(主催:丹波農業改良普及センター) が味間奥の栗園地で開かれました。

 

剪定講習会の参加者は49名。1グループ5~6人で1本の樹を剪定しました。うち14名は剪定士の資格取得に向けて「剪定士養成研修会」に参加し、1人で1本の樹を剪定しました。

 

17日(火)に開かれた「丹波栗栽培技術向上研修会(冬期)」では、約50人の参加者が県立農林水産技術総合センター果樹試験ほ場で、研究員から前年の剪定程度と本年の生育状況の説明や、兵庫に適した低樹高栽培の栗剪定についての講義を受けました。その後、参加者は班ごとに分かれて剪定士の指導のもと、剪定実習を行いました。